あだちの再生工房

古い機械類を修理再生する趣味の部屋です。

       発信元: 安達正晴 三重県三重郡朝日町縄生

キャブの同調

 キャブのオーバーフローも解決しやっとエンジンを始動できるようになったので、試作した
バキュームゲージを使ってキャブの同調をやりました。
 本来なら点火時期の調整、バルブの調整をしたうえでキャブの同期をとるべきでしょうが今回は
キャブだけで調整しました。
バランスが取れた後、試走をしましたが驚くほどスムーズなったような気がします。
アイドリングの振動も少なくなり、高回転まで振動が減った気がします。
印象は大きく変わり、Boxer Twinも捨てたものではないと実感できました。 2016年5月実施


オーバーヒートしないように送風機を2基使用しました。




左側の負圧計測用の内径3mmパイプです。
(キャブ側は4mmなのでアダプターを使用)
パニアケースに入れて走行中も測れるように
パイプは長めにしました。


右側の負圧パイプです。 左右のパイプ長さは
正確に同じにしています。



センサー基盤、USB-6009(ADコンバータ)、
コンピュータは特に固定はせずにシートに
置きました。


 (画像をクリックすれば拡大できます)
負圧の実測例です。 
白い線が左キャブ、赤い線が右キャブです。
クランキングからエンジンが始動しアイドリングに至る過程です。
キャブの負圧は静圧を測っているので、
スロットルを閉じているアイドリング時が一番
負圧が大きく(絶対値が大きい)、スロットルを
開けると回転が上がりベンチュリーの速度が
大きくなるので動圧は大きくなりますが、逆に
静圧は小さくなります。
エンジンの始動時には少しスロットルを開け
気味にするので起爆した段階では静圧は少し
低くなっています。 始動したらスロットルを
閉じたので、下の波形のように静圧が大きく
なります。   
市販のバキュームゲージではこのような挙動は
分からないので、この点では今回の計測法は
優れているかなと思っています。 
だだし、簡便さは劣ります。
この段階ではスロットルケーブルの遊びなど
未調整なので赤線が白より高めでバランスが
狂っています。

クランキング部分の拡大です。
白線の周期は0.435秒です。 4サイクルエンジン
なので回転速度は275rpmになります。
(60sec/0.435sec x 2=275rpm)
意外とスターターの回転は低いです。


エンジンが起爆し始動直後の拡大です。
回転速度は2790rpmとなっています。
(60/0.0430x2=2790rpm)
これは始動時にはスロットルを少し開けている
ために高回転になっています。


アイドリング状態です。
 ( 60/0.0900x2=1333rpm )
チョークを引いたままなのでちょっと高めの回転数です。 まだバランスは狂ったままです。



スロットルケーブルの遊びを調整したら、
それ以外何もせずともアイドリング(1000rpm)
から高回転5000rpmまで負圧は左右同じに
なりました。
これは4444rpmの波形例です。
( 60/0.0270x2=4444rpm)

アイドリング(1052rpm)からスロットルを開き
2142rpmに回転を上げた時の過渡状態です。





4000rpmからスロットルを戻した状態です。
3750rpmまで下がっていますが慣性のため
すぐには下がりません。
このように過渡状態でも左右のキャブの負圧は
バランスが取れています。


R100RTの最初に戻る

入口に戻る

全内容を示す代表写真
ご意見をお聞かせ下さい封筒のアイコンです← Click here

更新: 2016/5/26
入口に戻る