あだちの再生工房

古い機械類を修理再生する趣味の部屋です。

       発信元: 安達正晴 三重県三重郡朝日町縄生

Sencore TC162(真空管試験機)

真空管試験機としてHickok 533を持っているのですが、大型で気軽にテストしたいときにはちょっと
億劫になります。
昔、Heathkit IT-17の使い勝手が良かったので、いわゆる真空管チェッカーが欲しくなり、
Sencore TC162を仕入れました。  真空管を使っておらず、Solidstateが売り文句です。
購入後、問題なく使っていたのですが、半年ぶりぐらいに使ってみると動作しないことが判明しました。
色々チェックした結果、整流回路の電解コンデンサ不良と判明したので交換し、復活しました。


外観です。 大変コンパクトで受信機の整備中、同じテーブルに置いて
使うことができ重宝します。

Grid Dip Meterの6AK5をチェックすると、針が
全く振れません。 完全に真空管がダメに
なったかと思ったのですが、念のため手持ちの
6AK5を数本テストしたのですが、どれも振れ
ません。 
どうやらTC162がダメになったようです。

確認のためHickokの533試験機で確認すると、
問題なく振れるのでTC162がダメなことが
確実になりました。

TC162の主要部の回路図です。
テスターやオシロで電源系を当たっていくと
どうやら整流系が怪しいことが分かりました。

疑わしいのがC4の電解コンデンサー
(50μF/50V)と思われます。

手持ちの電解コンデンサーのなかにピッタリの
50μF/50Vがあったので交換しました。
 

その結果、すんなり動くようになりました。 
それにしても電解コンデンサーは不調の
第一番の原因であることが多いこと今回も
実感した次第です。  
簡単に回復してめでたしめでたし。
 

入口に戻る

全内容を示す代表写真
ご意見をお聞かせ下さい封筒のアイコンです← Click here

更新: 2017/10/17
入口に戻る