あだちの再生工房

古い機械類を修理再生する趣味の部屋です。

       発信元: 安達正晴 三重県三重郡朝日町縄生

Hallicrafters SX-28 ( その2 RFコイルの修復 )

経緯: リストア後のチェックは安全のため、スライダックでAC60Volt 程度からスタートしました。
     Band-1 (550kc~1600kc) に設定し、通電したところ、RF部から白煙がでました。
     ここで止めればよいものをBnad-2 ( 1.6~3MHz)、Band-3 (3.0~5.8MHz) と切り替え、同じように
     白煙を上げてしまいました。 ここで初めて、電源を切りましたが手遅れでした。

原因: 局部発振回路 V4 への結線間違いと判明しました。 V4廻りのRFの第4室を取り外す際に、
     V4のPin6の結線を、Pin7と勘違いし、実体配線図に記入してしまったため、再組のときもPin7に
     接続したため、真空管のヒータ電源がコイルに負荷されてしまったことが原因でした。
     真空管のPin7はヒータというのは常識であるのに、チョンボとはこういうものかも知れません。

コイルの巻き直し
     焼き切れたコイルのインダクタンスが不明なため、該当する発振回路をNational Instruments社の
     Multisimという回路シミュレーションで共振周波数を計算し、各コイルのインダクタンスを推定しました。
     また、焼け切れたといっても、線径や巻き数は判読できるので、これらも参考にエナメル線で
     巻き直しました(2013年3月12日 再組終了)。

再生成功
     再度組み付け通電しましたが、ハム音すらせず途方に暮れましたが、V1~V4の差し違えと判明。
     正規の位置に刺し直すと、AM局が受信できました。 やれやれです。
     この時の喜びがあるので修理は止められません。
     リストア開始から、正味期間として約1.5ヶ月を要しました。
     細かな調整は次のステップでやる予定です(厄介な機種で疲れました)。

局発コイルの巻き直し 
左図はSW8-11はBand-1の位置です。 
この場合、本来V4 Pin6へ行くべき結線が
Pin7に繋がると赤い線のようにヒータ電圧が
掛かることになり、コイルのアースと
タッピンング間のコイルに電流が流れます。
このため線径によっては焼け切れて当然
です。
幸いBand-1用のコイルT25は線径が少し
太かったので焼損は免れました。

T25は内側が少し焼けて黒ずんでいますが
導通があり切断していませんでした。(ラッキー)

インダクタンスを測定すると 110μHでした。
これはシミュレーション計算とよく合います

コイルの端子間の実測インダクタンスは
下記の通りです。              
 1―2: 6.3μH
  2-3: 72.7μH
 1-3: 110μH
これはBand-2のT26コイルです。
コーティング剤、エナメルも焼け銅線がむき出し
で、断線しています。  細い線径ゆえ焼け切れ
ました。
T26の実測寸法は下記の通りです。
  ・ボビン外径:φ16
  ・巻き数: 7+29
  ・コイル長: 5.0mm
コアのないコイルなら、計算上は27μH
fnのシミュレーション計算からは35μH
どちらを狙って巻き直すか迷うところであるが
実測の寸法に合わせ、φ0.14のエナメル線で
トータルn=36巻きとすることにしました。

   巻き直したコイルの実測値は
     1-2:  3.42μH
     2-3: 22.84μH
     1-3: 35.01μH

Band-3のT27コイルです。
T27のタッピング点は2ヵ所で回路図とは
異なっています。
第一タッピング点とアースの間の絹巻き線が
焼けています。

T27の実測寸法は下記の通りです。
  ・ボビン外径:φ16
  ・巻き数: 7.5+5.5+12 合計25巻き
  ・コイル長: 7.2mm

fnのシミュレーション計算からは10μH
巻き直しはφ0.3のエナメル線(UEW)を使い
全巻き数n=25としました。
巻き直した結果の実測インダクタンスは
次の通りです。
   1-3: 12.03μH
   1-2:  1.66μH
   1-4:  3.97μH
   2-4:  0.92μH
   2-3:  7.42μH
   4-3:  4.47μH
巻き直したT26をもとに戻しました。

焼損前のオリジナルの状態です。

巻き直したT27を取り付けました。

焼損前のオリジナル状態です。
   
共振周波数の計算とコイルのインダクタンス 
焼損したコイルのインダクタンスが不明のため、共振周波数から必要なインダクタンスを
回路シミュレーションで推定しました。
計算にはNational Instruments の Multisimを用いました。

 
V4のPin5に繋がるHF Oscillator部をそのままシミュレートしました。
この図はBand-1でT25=110μH としています。            
共振のきっかけとなる入力として、1kHzの方形波を入れています。 
ただし、R66は減衰を減らすため結線していません。
C1, C2のバリコンは SX-28Aの回路図の値を使用。
C1: 16.3~187.5pF
C2: 21.5~250  pF
C98: 4~25pF     
C12: max 541pF    
C13: 5pF        
C69: 47pF        
Band-1の場合、共振周波数は 1.005MHz~2.055MHz
(1.005MHzはC1, C2がMaxのとき)
トリマを上図の値にし、T25=110μHのとき、fn= 1.003 ~ 2.045MHz
              T25=109μHのとき、fn= 1.007 ~ 2.055MHz
厳密に1.005~2.055MHzに調整するのはシミュレーション上でも難しいので
実機ではこれ以上に難しいのではないかと想像されます。          
同じようにBand-2, Band-3についてシミュレート
して、コイルのインダクタンスを求めた結果、
次のようになりました。
       T25=110μH
       T26= 35μH
       T27= 10μH
 
 トリマーの調整と共振周波数
Band-1を例にトリマコンデンサが共振周波数に
影響するかをシミュレーションで調べました。



 

再度の挑戦の結果 ==> 大成功、めでたし、めでたし。

    再組立てに際しては、前回気になるところも直しました。
      1.SEND-RECEIVE switch (SW4) の接触不良。 switchを新品に交換。
      2.RF Gain のボリューム(500kΩ)  ガリが激しいため、新品に交換
    再度組み付け、念のためマニュアルにある各真空管 のPinの抵抗値を測定しました。 
    必ずしもマニュアル通りの値ではありませんが、致命的な誤配線はないようなので通電しました。 
    AM 729kc(NHK)が聞こえました。  万歳です。
    抵抗測定値のリストを resistance_value.pdf に示します。

          

SX-28に関する情報源

  ・Phil's old Radio http://antiqueradio.org/halli12.htm ) 
     RF部の分解手順が大変参考になりました。
  ・SX-28のマニュアル
     SX28-mil.pdf --- SX-28の取説 (http://bama.edebris.com/manuals/hallicra/sx28mil/)。
     SX28old.pdf ---- SX-28の取説 (http://bama.edebris.com/manuals/hallicra/sx28old/)。
     TM11-874.pdf (1944年)--- SX-28Aの取説、回路図 (入手元を忘れました)。
 

SX-28 TOPに戻る

全内容を示す代表写真
ご意見をお聞かせ下さい封筒のアイコンです← Click here

更新: 2018/09/11
入口に戻る